持ち歩きカメラをリコーGR IIIから富士フイルムX100Vに乗り換え(日本語)

気軽な持ち歩き用兼メインで使っている富士フイルムX-Proシリーズのサブカメラとして使っていたリコーのプレミアムコンパクトデジタルカメラGR III。 しかし、GR IIIを使っていく内、もの凄くコンパクトなのが気に入った一方で、富士フイルムミラーレスカメラと発色の傾向が違うと感じ、作品を出していく上でこのままで良いのかと悩み始めていた。 そんな時に富士フイルムから発表された、コンパクトデジタルカメラX100シリーズの最新モデルX100V。 富士フイルムイメージングプラザ東京に置かれていたデモ機で試写。 おおっ、前モデルX100Fと違って開放F値のF2から写真がシャープだ! X-Pro3で気に入ったフィルムシミュレーション「クラシックネガ」が入ってる! しかも(アダプターリング・プロテクトフィルター装着時という条件付きではあるが)防塵防滴仕様とは! そして何より、シルバーモデルのカッコ良さがたまらない! この後、GR IIIのコンパクトさを犠牲にしてでも、作品を造っていく上で統一性を図っていく方が良いと考えて、X100Vへの乗り換えを決断。 人生で初めて新発売のカメラを即購入するに至った。 防塵防滴仕様にするため、アダプターリング・プロテクトフィルターも追加購入し、準備万端! 既に所有しているX-Pro3と共に、外観の美しいX100Vで日常や旅行先の風景を切り取っていきたい。

일상 카메라 리코 GR III에서 후지필름 X100V로 환승 (한국어)

편하게 가져갈 수 있는 일상 카메라 겸 메인 카메라인 후지필름 X-Pro3의 서브 카메라로 써 왔던 리코의 프리미엄 컴팩트 카메라 GR III. 하지만 그 카메라의 가벼움은 마음에 든 한편, 후지필름 미러리스카메라와의 색깔 경향 차이를 느껴, 작품을 만드는 데에 정말로 좋은지 고민이 시작되었다. 그런 가운데 후지필름이 판매 … Continue reading일상 카메라 리코 GR III에서 후지필름 X100V로 환승 (한국어)

Challenge to ‘PURE PHOTOGRAPHY’? (한국어)

2019년9월20일 후지필름 X-Pro시리즈 차세대기 X-Pro3가 공식적으로 개발발표되었다. 그 발표 중에 후지필름은 ‘PURE PHOTOGRAPHY’를 제안하였는데 그 것에는 3가지 요소가 필수라고 한다. ‘CARRY & ACCESS(케메라를 계속 가지면서 걸어가 피사체로 다가갈 필요가 있다.)’ ….그러네. ‘FIND & FRAME(멋진 피사체를 발견하면 적당히 구도를 정하여야 한다. 그 위하여 카메라에는 아주 좋은 … Continue readingChallenge to ‘PURE PHOTOGRAPHY’? (한국어)

Challenge to ‘PURE PHOTOGRAPHY’? (日本語)

2019年9月20日、富士フイルムがX-Proシリーズ次世代機X-Pro3開発発表のアナウンスを行った。 開発発表の中で富士フイルムは「PURE PHOTOGRAPHY」なるものを提案したが、それには3つの要素が不可欠だという. ‘CARRY & ACCESS(カメラをひたすら持ち歩き、撮りたい被写体に近づく必要がある。)’ ・・・うん、確かに。 ‘FIND & FRAME(素敵な被写体を見つけたらベストな構図に整える必要がある。そのためにはくっきり見えるビューファインダーが不可欠だ。)’ ・・・そりゃそうだ。 ‘SHOOT TO EXPRESS(シャッターボタンを押さなければ被写体は消えてしまう。だから必要以上にカメラに触ったり、背面液晶を見る必要はない。)’ ・・・うーん、正直フォーカスチェックのためには背面液晶があると便利なんだけど。 そして、 「EVF、つまり電子ビューファインダーが完璧だから、背面液晶は(必要)ない。」 (実際のX-Pro3には、写真家たちとの妥協として、撮影条件数値を表示するサブモニターと、ウェストレベルでの撮影対応のための「Hidden LCD」を搭載。) 「何ですって? それはやり過ぎじゃない!? フォーカスチェックしたい時はどうすれば良いの? あっ、そうか。 X-Pro2の時は撮影後直ぐにEVFに写真を表示させていたから、X-Pro3でもそうすれば良いのか!(「PURE PHOTOGRAPHY」を掲げている富士フイルムと僕の間の妥協点として)」 というわけで、手元には既にX-Proシリーズ新機種が今か今かと出番を待っている。 このクールなレンジファインダースタイルカメラと共に旅に出るのが今から楽しみだ!

Who is Takeography?(日本語)

中学校の学内中間・期末試験で、前回総合成績学年全体100人弱中2位だったのが9位になった時、母は言った。 「あら落ちちゃったわね」。 仕事でストレスが溜まって落ち込んでいた時、母は言った。 「何が何でも歯を食いしばって、お金を稼ぐのよ」。 夢を持つことや愛の大切さを教わらないまま、母は逝った。 そして僕は愛着障害という症状にかかっている(らしい)。 「愛を知らずに育った人が、写真を通して何を伝えることが出来るだろうか。」 僕が皆さんに写真をお見せする時に考えることである。   経歴 1986年9月:埼玉県で出生 2009年3月:早稲田大学人間科学部人間環境科学科卒業 2015年4月~9月:ドイツ語学習のためドイツ・ベルリンに滞在 2015年12月~2016年8月:高麗大学校韓国語センター通学(卒業) 2016年4月: 韓国語能力試験(TOPIK)6級取得 カメラ使用歴(2020年1月9日更新) Canon EOS Kiss X7i(2014年12月~2018年2月) FUJIFILM X-T2 (2018年3月~2019年1月) FUJIFILM X-Pro2(2018年12月~2019年12月) Panasonic LUMIX LX100M2(2019年1月~6月) RICOH GR III(2019年6月~) FUJIFILM X-Pro3(2019年12月~)

Who is Takeography? (한국어)

중학교 내에서 진행됀 중간 기말시험에서 종합성적이 전에는 학생 99명중 2위이었다가 9위이었을 때 어머니께서 말씀하었다. “아이고, 떨어져 버렸네.” 일하면서 스트레스가 쌓였을 때 어머니께서 말씀하였다. 「무슨 일이 있어도 참아내서 돈을 벌여야겠지.」 꿈을 가지는 거나 사랑의 소중함을 가르쳐 주시지 않은 채 어머니께서 돌아가셨다. 그리고 나는 지금 애착장애라는 증상에 … Continue readingWho is Takeography? (한국어)